日本工業所有権法学会は、1974年10月、特許、実用新案、意匠、商標、サービス・マーク、商号、原産地表示又は原産地名称及び不正競争の防止等に関する法的制度の調査研究を主たる目的として設立されました。

戦後の急速な経済発展は、新技術の導入による技術革新とその応用開発の努力によるところが著しく、かつ市場の成熟に伴い製品デザインや登録商標に関する法的制度も重要性を増し、社会的にも注目を集め始めておりましたが、この分野の研究はそれまで実務界を中心に進められていました。

そこで、研究の一層の高度化を進め、関係研究者の協力体制の確立を図り、内外の関係諸団体との連絡を図り、斯学の興隆を実現することを目的として設立されたのが本会です。

本会は、正会員、維持会員及び名誉会員(2014年6月現在、正会員503名、維持会員35団体、名誉会員8名)から構成され、総会、理事、業務担当理事及び理事長がおかれています。

本学会の目的・事業は次の通りです。

 研究会及び講演会の開催
 機関誌その他の図書の刊行
 研究者の連絡及び協力
 外国の学会との連絡及び協力
 その他理事会が適当と認めた事項



事務局移転のお知らせ

平成27年8月に事務局が次の場所に移転しました。

【日本工業所有権法学会事務局】
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学19号館305
 早稲田大学知的財産法制研究所(RCLIP)内

E-mail : jaipl-jim <アットマーク> jaipl.org